お名前.comレンタルサーバー ニュース

2014/01/21

お名前.com VPS(KVM)で WordPressテンプレート機能を追加しました。

平素はお名前.comをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、お名前.com レンタルサーバーのVPS(KVM)で、すぐにWordPressが利用いただけるテンプレートを追加いたしました。

WebサイトやBlogサイトを運営する際に使うCMS(コンテンツマネジメントシステム)として、定番になっている「WordPress」と
動作が軽くリバースプロキシの機能を備えたWebサーバーである「nginx」やデータベースとして「MySQL」など、必要なものを
テンプレート化し、VPSの初期セットアップやOS再インストール時に選択いただくことですぐに利用ができるようになりました。

テンプレートにおいては快適な動作をするようカスタマイズを行っており、こちらに関しては「AMIMOTO」で知られる
株式会社デジタルキューブにご協力いただいております。

WordPressをかんたんにすぐ使い始めたいと言ったご要望に合わせた機能追加になりますので、ぜひご利用ください。


【お名前.com レンタルサーバー VPS(KVM)】

「お名前.comレンタルサーバー VPS(KVM)」は、従来のサービスよりもさらに高性能なVPSサービスをお求めのお客様向けに
ご用意した非常に高い自由度とパフォーマンスのサーバー環境が実現できるレンタルサーバーです。350社以上1000タイトル超の
運用実績をもつソーシャルゲーム専用クラウド「GMOアプリクラウド」で培ったノウハウと経験を活かし開発いたしました。

特長

1 任意のOSのインストール可能
標準OS(CentOS 6.2 x86_64)以外に、お好みのOSをインストールできます。
SFTPでアップロードしたISOファイルを、コントロールパネルからのOSインストールにご利用できます。
WordPressがすぐ利用いただけるようにテンプレートもご用意しております。
2 KVMによる完全仮想化、さらに準仮想化ドライバーの使用も可能
仮想化技術に「KVM」を採用することで、完全仮想化を実現しています。そのため、各仮想専用サーバーのリソースとOSとを
独立させることができ、非常に高い自由度とパフォーマンスを発揮できます。
また、「お名前.com」独自のコントロールパネルから、幅広いゲストOSの動作をサポートする完全仮想化の環境はもちろん、
準仮想化ドライバーにも切り替えて使用することも可能です。
3 エンジニア目線で開発された独自のコントロールパネル
複数台VPSの一括管理・運用、完全仮想化方式と準仮想化方式の切り替え(Virtioのオン/オフ設定)、SFTPでアップロードした
ISOファイルをOSの再インストールに利用できるなど、「お名前.comレンタルサーバーVPS(KVM)」専用のリジナルの高機能な
コントロールパネルです。

ご利用料金・基本スペック

プランメモリCPUHDD月額料金
メモリ1GBプラン1GB2コア100GB940円
メモリ2GBプラン2GB3コア200GB1,380円
メモリ4GBプラン4GB4コア400GB3,880円
メモリ8GBプラン8GB6コア800GB7,880円
メモリ16GBプラン16GB10コア1TB15,880円