WPテーマShop WPテーマShop

Step.1-1

作成ルールと作り方

知っておくと失敗しないルールと作り方

メールアドレス作成にもルールがあります。
ここでは、メールアドレスに使用可能な文字や記号をご紹介いたします。

また、メールアドレスの決め方についてもご提案いたします。

メールアドレス作成のルール

メールアドレス作成にも国際基準が設けられています。下記のルールに従ったメールアドレスを作成しましょう。

文字制限 256文字以内 (ドメイン名も含む)
使用可能な文字 半角英数字
※アルファベットの大文字も使用可能
※日本語ドメインは、使用不可
使用可能な記号 . - _ $ = ? ^ ` { } ~ #
その他の使用不可 先頭と末尾の「. 」(ドット)
2個以上の連続した「 . 」(ドット)
2個以上の連続した「 _ 」(アンダーバー)
スペース (半角スペース)
記号のみ及び記号の連続で終わるアドレス
アドレスの最初の文字を「#」にすること
アドレスの1文字目が記号
「@」マークの直前に記号

メールアドレス作成時に気をつけること

メールアドレスは、ルールに従ったものであれば、自由に作成することができます。しかし、間違ったローマ字表記や英語、誤ったスペルを使用すると、恥ずかしい思いをしてしまいます。
自信がない表記やスペルなどを使用する場合は、事前にインターネットなどで確認することをおすすめします。

英語表記とスペル

○:fan-club@onamae.com
  @マーク前の意味は、「ファンクラブ」
×:fan-crab@onamae.com
  @マーク前の意味は、「扇風機の蟹」

どんなメールアドレスを作ればいいの?

メールアドレスは、ホームページや名刺に掲載したり、電話で伝える場合がございます。そのため、覚えやすく、伝わりやすいメールアドレスの作成をおすすめします。

ビジネス利用

スタッフの名前@会社名.com
info@ブランド名.com

個人利用

yuka.yoshida@●●.com
tennis@チーム名●●com

サブドメインを使ったメールアドレス作成も可能です。
ご希望の方はこちらをご覧ください。