メールマーケティング:機能一覧

Google Analytics連携機能

Google Analyticsと連携してメールに設置したリンク先での
コンバージョン数をとることで、効果測定を行うことができます。

Google Analytics 連携機能とは

「お名前.com メールマーケティング」にGoogle アカウントを設定することで、Google Analyticsと連携し、
メール内に設置したリンク先のWebサイトにおけるコンバージョン数を測定することができます。
この機能を活用することで、配信したメールの効果を測定することができます。
※Google Analyticsとの連携はかんたんHTMLメール作成時に設定することができます。

「コンバージョン」とは
コンバージョンとはWebサイトで獲得できる最終的な成果のことで、
サイトの目的によって異なります。
例えばECサイトなら「商品購入」ですし、
企業サイトなら「お問い合わせ」や「資料請求」などが
コンバージョンになります。

「お名前.com メールマーケティング」の管理画面内でメール本文に
設置したリンクのクリック数コンバージョン数が確認できます。

管理画面の「配信レポート」画面で、メールに設置したリンクのクリック数だけでなく、リンク先のサイトでの
コンバージョン数も確認することができます。メール内に複数のリンク先を設定した場合は、リンク毎の
クリック数とコンバージョン数を確認することができます。
簡単なメールの効果測定なら「お名前.com メールマーケティング」の管理画面だけで完結します。

もちろん、詳細なレポートはGoogle Analytics の画面で確認できます。

クリック数やコンバージョン数以外の詳細なレポートはGoogle Analyticsの画面で確認することができます。
例えば、リンク先のサイトに「お問い合わせ」「資料請求」などの複数のコンバージョン地点がある場合、
それぞれのコンバージョン数を確認することができますし、広告などメール以外の他のチャネルの効果との
比較もできます。

配信メールの効果を参考にして改善を

最終的な成果であるコンバージョン数が測定できることで、メールの効果は明確になります。
コンバージョン数が少なかったメールは効果が薄いメール、ということで改善する必要があります。

メールの効果を確認して、改善に繋げられます。

「お名前.com メールマーケティング」は配信したメールの効果が確認できるため、こちらを参考にし、
今後配信するメールの改善に繋げることができます。

メールを改善するために、変更を試せる箇所

  1. 1. 件名
  2. 2. 本文の文面
  3. 3. 画像
  4. 4. 画像、テキストのレイアウト
  5. 5. 商品などの紹介する対象、内容
  6. 6. 配信対象
  7. 7. 配信のタイミング(曜日、時間)

A.まずはこれらの変更を試し、配信します。
 ↓
B.配信したメールの効果を確認し、分析します(何が良かったか、悪かったか)。
 ↓
C.分析した結果をもとに、さらに変更して配信します。

このA〜Cのサイクルを繰り返すことで効果の高いメールの傾向をつかみ、
メールを改善していくことができます。


改善フロー

このサイクルを繰り返すことで、メールを改善していくことができます。

今すぐお申込み